イギリスの旅①

今日は朝から蝉がミーン、ジーンとなき続けています。
暑いですね~。

ところで、先月7月21日~30日までイギリスへ行ってきました。
その旅の思い出を写真と共に数回に分けて書いてみます。

今回のイギリス旅の目的は、昨年娘が仕事のため出席できなかった大学院卒業セレモニー出席。でも久しぶりのイギリスです。皆が行きたい場所にもいきましょう!
ということで、家族会議の結果以下の場所に行くことに決定(^^♪
 ・スコットランド  ハイランド、カルデン古戦場
 ・イングランド  バース、キューガーデン、ロンドン、いろいろな観劇
 そして、スコットランド アイラ島・・・こちらは主人のみ

さぁ、出発です~110.png

7月21日(金)社会人になった娘、時間に限りがあるので少しでも有意義にと仕事帰りに羽田で待ち合わせて真夜中のNH便でフランクフルト経由でロンドンへ。

22日(日)早朝ロンドン着。予約しておいたヒースローエクスプレスに乗り、先にロンドン入りしている主人のホテル、キングスクロス駅前のMEGARO HOTEL https://www.booking.com/hotel/gb/megaro.en-gb.htmlに荷物を置く。
その後、キングスクロス駅隣のセントパンクラス駅構内で紅茶専門店フォートナムメイソンで昼食。セントパンクラス駅はユーロスターの発着駅のため、フランス語など飛び交っています。  
食後、私は娘に連れられ ”アリス アドベンチャー アンダーグラウンド”という不思議な参加型劇を見に。 https://www.alice-underground.com/

f0116297_16270859.jpg

そして終了後休む暇もなくそのままどこかの駅で(笑)主人と合流し、スコットランドのイ
ンバネスに行く為ガトイック空港へ。1時間半後、9時過ぎにやっとホテルに到着117.png
  イギリス旅行第一日目、母は何が何だかわからぬ内にスコットランドインバネス泊

23日(土)インバネス市内でレンタカーを借り、娘が行きたかったカルデンの古戦場へ
この荒涼とした原野は、イングランド軍とジャコバイトが最後に戦った歴史的古戦場跡です
ビジターセンターはとても充実していて、原野に出る前に沢山の歴史の勉強ができます。
私は、出発前に娘からから何度もジャコバイトなどのレクチャーをされていましたが、
この展示を見ることでさらにこの歴史的戦い、スコットランドの歴史に興味がわきました。
https://www.facebook.com/cullodenbattlefield/
✽マイ・ボニー (歌)について
 この歌はスコットランド民謡です。中学時代に音楽で習ったかな。
 17,18世紀、カトリックのスチュワート家の王を英国の王位に復活させることを求めてスコットランドのジャコバイトが乱を起こし、プロテスタントのイングランド政府軍と戦かった悲しい結末の歴史(この最後の戦いがカルデンの戦い)があります。その最後の王がチャールズ・エドワード・スチュワート王子で、彼は、ボニー・プリンス・チャーリー (Bonnie Prince Charlie)という愛称で呼ばれていました。この名前からわかるように、マイ・ボニーはこの王子だといわれています。
だから、この歌はせつない気持ちになるんだな~と、この歴史を学ぶことで一人勝手に感激していました110.png
 

f0116297_16273012.jpg

f0116297_16310120.jpg

f0116297_16275828.jpg


当日はスコットランドらしいどんより天気&寒い、その当時に思いをはせるのに良いお 天気!

見学後かわいらしく素敵なホテルに到着 ちょっと贅沢な宿ですが、せっかくなので♡
 Buncherw Hotel  http://bunchrewhousehotel.com/

f0116297_16284050.jpg

f0116297_16285455.jpg

f0116297_16304678.jpg
f0116297_16291181.jpg
f0116297_16294886.jpg
f0116297_16293495.jpg

f0116297_16301017.jpg
格式のあるクラッシックな建物のホテルで母は少し緊張いたしましたが、しっかり教育されたスタッフはとてもフレンドリーで滞在を心地よくしてくれました。
サービス&対応が気持ちよい♡
さらに、お洒落で美味しい食事が自慢のホテルです。
食前酒として主人はマティーニを。何と、ローズマリーが。




とってもお洒落でおいしかった~♡♡










[PR]
by doucement2007 | 2017-08-05 15:43 | 旅行 | Comments(0)