7月29日 イギリスの旅の最終日はキューガーデンへ(^^♪

私のイギリス訪問は今回で3度目になりますが、
毎回キューガーデンに行きたいと思いながら、何故だか行けずじまい。
ロンドンから電車で足を延ばして約1時間ちょっとかかるので、すぐ諦めてしまいました。

そして今回こそは!と予定にしっかりいれていたのもの。。
娘の発熱で予定変更になり今回も行けないな~とほぼ諦めていたのですが、
帰国便が夕方ということで、急きょ昼間に行くことに決定!!

kew ガーデン
https://www.kew.org/

世界最大の植物園。広大な敷地には世界中の植物がきれいに管理され
見どころがたくさんありすぎます。
今回の半日では到底回り切ることはできませんでした。
でも、やっとこれたキューガーデン、広々した植物園の雰囲気も味わうことができたし
当時の大英帝国の力の大きさも実際に感じることができました。
植物園は季節季節で植物が咲き乱れ、また、勉強するツアーなどもあるようです。


       温室の中には世界中の植物がところ狭しと展示されています。
       日本の植物もありました。
      ゼラニウムの種類と書いてあったけれど見たことがないな~。
f0116297_15383159.jpg

f0116297_16191144.jpg


主人は暑い温室内には入りたくないと言って
近くのベンチでゆったりと。

f0116297_15384574.jpg



夏の色は白と青だと書いてありました。
通路に素敵な夏が。。。。

f0116297_15393930.jpg


ガーデンデザインの展示もされていました。
興味のある方は見過ごさないように。

f0116297_15392682.jpg


敷地内には宮殿もあります。

f0116297_15591609.jpg


ここはプリンスダイアナを記念した建物の入り口に植栽されていたサボテン

f0116297_15391128.jpg


宮殿内には体の弱かった王妃様の薬のテーブルがベッドの横にありました。

f0116297_15400090.jpg


広ーい通路の両側には色とりどりのハーブや植物が色彩別に美しく咲き乱れています。
今はエキナセアなど

f0116297_15390087.jpg

短い散策になりましたが、最後はガーデン内の素敵なレストランで
美味しいランチをいただき、ロンドンに戻りました。

ホテルで荷物を引き取り、ヒースロー空港へ。

ここで娘と私は日本へ帰国、主人は自分の趣味(ウヰスキー蒸留所等見学)のために
アイラ島へ行くためグラスゴー行きの飛行機に乗りました。

娘と私はグレードアップしてもらい、うれしいうれしいビジネスで帰国(^_-)-☆
二人ともスッカリ爆睡してしまい、いろいろ頼もうね~と、貧乏くさいことを
言っていたのに、目が覚めたらもうすぐ羽田。
でも、この爆睡ができるのがビジネスなんですね♡

8日間フル活動で駆け回ったイギリスの旅。
あらためて、歴史あるイギリスとその時代の人々に興味が湧くたびになりました。

主人は数日後アイラ島から帰国し、とても楽しかった模様です。
なんだか、来年の記念行事にもお呼ばれしたみたい(笑)

















[PR]
by doucement2007 | 2017-08-25 16:48 | イギリス | Comments(0)

~テートブリテン、グローブ座~

28日(金) イギリスの旅も終盤と思っていたら娘が発熱(*_*;
  小さな時から海外旅行で必ず熱を出す娘でしたが、この年になってもやはりか。。。

  でも、無理はないですね~。
  仕事の疲れも取れないままこちらに飛んできて、昨日の卒業式でもきっと疲れたろうし、
  さらに、老両親のケアでもずっと頑張ってきたしね。
  メインイベントが終わり、ほっとして疲れがどっと出てきたのね~。

  父と母は、ホテルの目の前のキングスクロス駅構内のドラッグストアで薬を調達。
  さらに日本料理のお店でお腹に優しい出汁のスープと海苔巻き、果物を娘のために購入。

  そして、娘がホテルで休んでいる間、主人と私でなんとなく外出。
  まずは、テートブリテンで、主人が好きなターナーの絵を見学。
  主人はもう何回も見ているそうですが、私は初めてでした。
  荒波の海の迫力のある絵に、見とれました。
   http://moon-water.org/beautiful/art/20140912tate/index.htm

 
f0116297_16182117.jpg
  

   テートブリテンを見学後外を歩いていると、空中レストランを発見。
   以前ニュースで見たことがありましたが、本当にやっていました!
   寒くないかな~。


f0116297_16183821.jpg

   その後地下鉄で(オイスターを使って)コベントガーデンを散策。
   昼食にしましょうということで、コベントガーデンの近くを歩いていると
   確か、”オイスターマン” という小さなレストランを見つけました。
   シーフードのお店です。

  私は娘が熱を出しているので、あまり食欲がなくて、そんなに食べない!
  といっていたはずなのに、主人がオーダーしたオイスター kumamoto
をみたとたん,急に食欲がわき始め、オイスターと白ワインをむしゃむしゃと
  堪能してしまいました(笑)
   とてもおいしかったです。次回も機会があれば訪れてみたいお店です。
   

  昼食後ホテルに帰ると、娘は少し元気になっている様子。
  でも、夜の観劇は中止しようと考えていたのに、娘は絶対に行く!!といってきかず、
  結局沢山洋服を着て、グローブ座へ。

  http://london.navi.com/play/8/

 私たちはシェークスピアの十二夜という現代版の劇を見ました。
 この小さなグローブ座は17世紀のシェークスピア時代の舞台小屋そのままの様式で
 野外劇場です。
 舞台の前に屋根がない立ち見席と、舞台と立ち見席をぐるっと囲んだ
 3がい建てのちょっと屋根がある、長椅子の席があります。
 私たちは立ち見はハードルが高すぎるので、席を予約して、そちらで観劇。
 飛行機が飛んで来ればその音がするし、途中雨が降って来ればまたそのまま。
 立ち見席の方たちは何ともない様子でビールを片手に劇を楽しんでいました。
 立ち見席の方は俳優さんたちとの掛け合いもあり楽しそうでした。
 立ち見席が一番安いそうです。

f0116297_16190628.jpg

f0116297_16185286.jpg



 シェークスピアというと、私にはかなり難解な劇かなと思っていましたが、
 現代劇でわかりやすく、更に舞台と客席が一体となりとても楽しい劇でした。
 このような歴史的戯曲ではあっても、気軽に観劇できる場所があるって羨ましい!!

ロンドンには、このように気軽に肩ひじ張らずに楽しめる劇場やコンサート会場が沢山
あります。
小さなころから芸術や音楽に触れる環境にあるということは、子供の情緒を育てる、
そして、大人になってからは人生を楽しむ方法が自然と身についている!
 素晴らしいことですね。 


 
 
 
  
  
  
     

[PR]
by doucement2007 | 2017-08-17 17:22 | イギリス | Comments(0)

明けましておめでとうございます。
新しい年が穏やかで幸多き年となりますよう、お祈りいたしております。

大晦日から昨日まで短期間でしたが、ロンドンへ行ってきました。
今回の渡英は娘をリラックスさせてあげることが目的(親ばかですね。)

秋から始まったイギリスのマスターコースの勉強がかなり大変な
模様で、日常生活の面(環境・友達など)が余裕をもって整えられ
ないらしい。

コースが始まる時、教授が
 「人間であることを忘れてしまうかもしれない」
         と言われたそうです。

12月に入ると、勉強勉強の毎日で、電話の声もだんだん暗く
なり、否定的な言葉が多くなっていきました。
聞いているだけで母は涙が出ました007.gif
そこで私たちは、これはいけない!!
と、急遽今回の渡英が決まったわけなのであります。

心の病気になってしまったら、一生後悔してしまいます。
そばにいって、笑わせて、気持ちを和らげてあげよう・・・。
一人、頑張っている娘に親が出来ることはこんなことぐらい。

そんなミッション(かっこよい)ではありますが、
私も、娘と時間を過ごし楽しい時間をたっぷり過ごすことが
出来ました♪
カウントダウンのファイヤーワーク、ウィキッドのミュージカル
などなど。。

宿泊場所は娘の寮、私がベッドで娘は寝袋。
その間も毎日論文を書いていました。凄いな~。

寮の自炊キッチンに、ロシアの学生が書いた落書き

 毎日美味しい食事をして、よく寝ることが大事よね。
   でも、ちがうの 
          (翻訳者:わたし)

この経験、勉強が大きな宝物になるね。
頑張れ~。

前回もそうでしたが、母は別れた後、涙が止まらなくて・・・。
            さびしい!!


f0116297_15541968.jpg
f0116297_15535946.jpg
f0116297_15533723.jpg
f0116297_15531343.jpg
f0116297_155246100.jpg
f0116297_15521594.jpg
f0116297_15515474.jpg
f0116297_1551555.jpg



 
[PR]
by doucement2007 | 2015-01-06 15:35 | イギリス | Comments(2)

グロスタシアーにあるイギリスオーガニックの聖地デイルズフォードに行きました。
村の名前がブランド名になっているようです。周りは何もないところなの
で地元でない人は、ナビが無いとたどり着くのは難しいかな。

食品、日用品、カフェ、レストラン、植物、エステの棟があり、質の良い
オーガニックの製品を買うために、健康志向のイギリスの人々が
沢山訪れていました。

日本には、青山や伊勢丹の新宿などにお店があるそうです。

当日の夕食用に、ローストビーフ、トマトサラダ、ラズベリー、そして
エルダーフラワーのドリンクを購入。
味付けは食材の味が生かされていて、濃くなく美味しかった~。

わんこ達の駐車場完備♪
f0116297_2143557.jpg

f0116297_2101468.jpg
f0116297_211050.jpg
f0116297_2112140.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2014-09-23 21:05 | イギリス | Comments(0)

超安全運転で(笑)スタントンのB&Bに到着!
このB&Bはコッツウォルズライディングホースクラブの宿。
経験者の娘は、ホースライディングを楽しみにこの宿を予約していました。

翌朝、あまりの気持ち良いお天気に、初心者の私もトラッキングを
楽しんでしまいました。
コッツウォルズの雄大で素晴らしい丘の景色を馬の上から眺められる感動。
。。。。思い切って乗ってよかった~!!

そして、宿には我が家のさくらと同じスピッツが。
さくらちゃんより賢そう(ごめん)


f0116297_20575814.jpg

f0116297_2105567.jpg



  
[PR]
by doucement2007 | 2014-09-22 21:01 | イギリス | Comments(0)

コッツウォルズへ

ロンドンからストラスフォードアポンエイボンまで電車で行き、レンタカーを。
海外で初めての運転、更に初めてのハイブリッド車、
必死の思いで今日の宿、スタントンのB and B に到着\(^o^)/
夕食は、町の高台にあるパブでピジョンとすかんぴとマッシュルーム。
夕焼け空には小鳥達が家路を急いで飛び交って。。。鳩でなくて良かった~。
静かで小さなとても素敵な町・・まるで中世にタイムスリップ(*^▽^)/★*☆♪

f0116297_16473289.jpg
f0116297_16482924.jpg
f0116297_16484131.jpg
f0116297_16485187.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2014-09-21 16:50 | イギリス | Comments(0)

先ほど帰国しました。

娘がロンドンの大学のマスターコースに入るため、入寮の準備を口実に
イギリスへ行ってきました~。

せっかくなので、まずロンドン郊外のコッツウォルズへ。
中世にタイムスリップしたような家並み♡
その後、刺激的なロンドン観光&入寮準備の買い物。

仕事が詰まっていますが、なるべく早くUPしますね。

f0116297_23281089.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2014-09-20 23:28 | イギリス | Comments(0)