カテゴリ:ニュージランド( 5 )

NZ北島の旅

少し間が空いてしまいましたが,NZ北島の旅をサラーっとUPします。

大自然いっぱいの南島から、都会のオークランドへ。


高台にあるとても環境の良い オークランド大学
大学の世界ランキングでも上位の優秀な学校です。
 オークランドで知り合ったインド人の方は、子供をオークランド大学
 で教育を受けさせるために家族で移住したそうです。
 なんとインドでは法律家だったそうですが、現在はドライバーさん。
 でも、とても信頼できるドライバーさんでした。
f0116297_204175.jpg
f0116297_20413714.jpg
f0116297_2042263.jpg
f0116297_2042304.jpg


  オークランド大学の隣にある、ランゲージスクール(娘が今回お世話になっています。)
f0116297_20424928.jpg
f0116297_2043412.jpg


  市内の中心からバスで15分ほどのところにある、「パーネル」
  「イギリスの街並みを思いだす」と、娘。
  「ビンテージカフェ」というお店が今、娘のマイブームだそうです。
  日本人の女性のアロマショップ「リンガリンガ」もあります。
f0116297_20432536.jpg


   娘を送り出す日、皆で昼食をとった、シーフードのお店
   ビルの2階にあるデッキで、ワインとナチュラルオイスター♡
   黒いパラソルがあるところ。その下は船が着くハーバーです。
f0116297_20434850.jpg


   娘がいなくなり、夫婦でさびしくもちょっぴり豪華に食事した
   ヒルトンのレストラン。
f0116297_20441081.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2010-03-25 20:58 | ニュージランド | Comments(0)

NZ南島の旅その⑦

今回の旅のメインイベントの一つ、ロード・オブ・ザ・リングが撮影されたグレノーキー
を馬で走る!!
日本から,DART stables で親子三人予約して乗馬してきました。

クイーンズタウンから送迎車で40分ほど、着くや否や長靴、帽子を
装着し、それぞれのコースにGO

私達夫婦は、初心者(数回経験はありますが)[The River Wild 2時間]
娘は経験者のみ参加できる「The Trilogy Loop 3時間」

私が騎乗した馬はサムという名前で、実際撮影に参加した馬でした、ラッキー♡

湖に沿って雄大なNZの景色を楽しみながら10人のツアー、途中希望者は
列を外れてかけ足をします。私達老夫婦はゆっくり、ゆっくり

でも、途中3回ほど川を渡りました。なんと、数メートルもある川を一人ずつ
わたって行くのですが、中ほどは流れもきつく、馬の体が半分ほど沈んでしまうほどの
深さ、一度目はびっくり、無理~!と思いながらも、順番が来て必死の思いで渡り切りました。

渡り切ったら、とっても「爽快感」
2度めは、わくわくとした挑戦者の気持で、川渡りを楽しみました!

この辺りは、赤、紫、ピンクの野生のルピナスもまだまだ沢山咲いていて
NZの大自然の中を馬と一体になって歩く楽しさをめいっぱい体験しました。

経験者の娘に、「何も持っていかない。体一つで行くこと」と厳しくいわれていたので
カメラも持っていかなかったので超超残念です。

あの素晴らしい自然は、頭の中におさめておきましょう。

娘も、とっても楽しかったようで、
インストラクター、カナダの若い女性、イギリスの優しそうなイケメン、
自称ハンターというアメリカの中年の女性そして貧弱な娘の6人のツアーだったそうです。

森の中、湖の周り、丘を馬で駆け巡り最高の乗馬を楽しんだそうです。
時々、自称ハンターの女性が奇声を上げながら走っていたとか(笑)
大自然の中で駆けめぐり、乗馬熱が更に上がったようです。

最初の頃サムは時々顔を横に向け大きな目で私の顔を見て、馬鹿にしているようでしたが
川を渡ったり一緒に時間を過ごすことで、私を受け入れてくれるようになったようです。
最後まで、おっこどさずやさしく乗せてくれてありがとう、サム。

NZの馬達は日本の馬と違って、自然の中でストレスもすくなく
優しい馬たちでした。

もう一度川を渡りたい!! それはちょっと無理かな・・。
[PR]
by doucement2007 | 2010-03-15 14:33 | ニュージランド | Comments(0)

NZ南島の旅その⑥

NZの最高峰マウントクック(アオラキ)を見に空の旅♪

当初、ミルフォードサウンドへゆく計画でしたが、当日の天候の具合で
急遽マウントクックへと変更しました。

クイーンズタウンから車orバスの旅だと一日がかりの旅になるということで
GLENORCHY AIR で思い切って2~3時間の空の旅を選びました。
この会社はロードオブザリングの撮影中、スタッフを撮影場所まで送迎していた
会社ということで、こちらの会社に即決定。
機長もベテランの優しいNZガイ、大きくて飛行機の天井に頭がつかえてしまいそう。

そして、参加者が我が家3名だけとなり、図らずもチャーター便!
晴天の中、わくわくしながらGO003.gif

マウントクック=アオラキとは雲に突き出た山という意味で
この山を見るのはちょっとした幸運が必要と言われているそうですが
当日は空の上から、雲の上にそびえる美しいマウントクック=アオラキを見ることができました。
機長は、山の直ぐそばまで近づいてくれて、山の周りを旋回、壮大で真っ白な美しい
マウントクックを堪能。気持が洗われるような美しいブルーがかった氷河の色には皆感激。
天候,気流がもう少し良ければ着陸の予定でしたが、機長の判断でそれはありませんでした。
それでも、とってもラッキー!!

娘は副操縦士となり、パロットの隣の席に座らせていただくものの、
途中、こっくりこっくりとクイーンズタウンの空の上でお昼寝。

パイロットさんも気持ちよさそうに居眠りしている娘に、ニコッ001.gif

        クイーンズタウンの美しい山々と湖
f0116297_14325064.jpg


        雲に突き出たマウントクックが見えてきました。    
f0116297_1433588.jpg


        マウントクック=アオラキです!
f0116297_1433339.jpg


        空の上でお昼寝中、「超気持よかった!」と娘。
f0116297_14334820.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2010-03-08 14:40 | ニュージランド | Comments(0)

NZ南島の旅その⑤

クイーンズタウンは女王様の町という意味でワカティブ湖に沿ってある綺麗な
小さな町です。
こちらも、マリンスポーツ、ウインタースポーツの拠点で運動好きなNZの
人々にとって人気の町です。小さい町ながら、カフェやレストランも沢山あり
とてもにぎやかなです。

1日目はワカティブ湖畔にある洒落た Wai というシーフードのレストランで食事をしました。
ナチュラルオイスターはもちろん、繊細なオードブル、ラム、そして
白ワイン・・海外に出ると自分が太っていることをつい忘れてしまい、
これでいいのではないかなどと、恐ろしい錯覚に陥るのです031.gif

食後8時半ごろ、レストランを出ると、夕日で山が燃えていました。
黄金色に染まった山、丘は本当に美しくはじめてみる景色に驚きと感激で
胸が熱くなるほどでした。
ハイジとペーターが見た、「山が燃えている!」はこんな感じだったのでは
ないかな~と、娘と話しました。
写メゆえ、感激の美しい色彩が出ていないのでとっても残念。
この感動忘れられません♡

f0116297_20271820.jpg
f0116297_20274014.jpg
f0116297_20275969.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2010-03-06 20:29 | ニュージランド | Comments(0)

NZ南島の旅その④

ワナカよりクイーンズタウンに向かう途中,gibbston valleyにより
ランチをとりました。

gibbston valleyは素敵なレストラン、ワイナリーツアー、チーズリー
&ショップがあり、人気のワイナリーです。
また、gibbston VALLEYのワインはとてもビューティフルで
クイーンズタウンのレストランには、ほとんどこちらのワインがありました。

クイーンズタウンから近いせいか、沢山の人が、ランチにワイナリーツアーに
訪れています。
小型の観光バスで訪れていたマダム達も優雅にランチをとっていました。
そこには、運転手さんも招待されて一緒にランチしていましたが、
彼も、マダム達と一緒にワインを楽しんでいました。
NZの人たちはアルコールが強い!!
f0116297_2031148.jpg
f0116297_2033696.jpg

f0116297_207182.jpg

f0116297_2042163.jpg
f0116297_2044655.jpg
f0116297_205410.jpg
f0116297_2052730.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2010-03-06 20:09 | ニュージランド | Comments(0)