カテゴリ:ボランティア( 28 )

福島仮設住宅活動(^^♪

今月の福島は新緑がとても美しい季節になっていました。
仮設の皆さんは帰村に向けてそれぞれ沢山の問題を抱えています。

トリートメントにいらしゃっる常連さんのお一人80歳の方のことで心配なことがあります。
かなり高齢になるまで保険の外交でバリバリ働き、いつもきれいにお化粧をしたお洒落さん、
また、大きな声でお茶目なお話をするとても元気な方でした。
更に、現在ご主人が入院中なので仮設から車で病院に通っていらっしゃと仰っていました。
「この年まで運転で事故を起こしたことのない優良ドライバーなのよ~!!」
        と元気に話をし、いつも皆を笑わせてくれるかたでした。

でも、今年になってから少し様子が変わってきたのです。
昨日もお化粧もせず、なんだか小さくなってきたように感じました。
お話しも少しかみ合わないこともあります。

どうしたのかな、心配ね、悲しいね、と皆で話していましたが
今年になって、車の運転を止めたとのこと。
娘さんが上手に車を取りあげたとのこと。
高齢者の車事故が問題になっている中、親族としては心配するのは当たり前のことですが、
現実にこのような変化が急に起こるんですね。

車を取り上げて終わりではなく、何か車に変わる趣味、希望となるものはないのだろうか?
考えてしまいます。自信を取り戻し元気になってほしい!

昨日もメンバーは大きな声で励まし、笑わせてきましたが。


[PR]
by doucement2007 | 2017-05-09 16:12 | ボランティア | Comments(0)

思うこと

私の病院ボランティア活動を、LSA(ロンドンスクールオブアロマセラピー)の後輩が見学をいたしました。先月に引き続き2回目の見学です。
(後輩といっても、娘ほどの年齢差((笑))何とも可愛いです010.gif

私の病院アロマボランティア活動は日赤広尾病院の妊産婦病棟から始まり、藤沢市の緩和ケア病棟、そして現在は藤沢市民病院で入院患者様へのトリートメント。
病院側の理解の元、途切れずにもう12年が過ぎました。

小さな活動で大したことはしていませんが、ずーっと続けられてきたこと、そして、毎回お一人お一人真摯に取り組ませていただいること、この培ってきた経験をこれからの若いアロマセラピストに、偉そうですが、伝えていきたいと思っています(押しつけではないです^^)

今日も、アロマセラピストとして人に寄り添い、人のためになりたいと沢山の勉強をしてきた若い後輩さん、なにかお役に立てたかな012.gif

そんな年齢になったんです(^_-)-☆
f0116297_19002217.jpg



[PR]
by doucement2007 | 2016-07-12 19:20 | ボランティア | Comments(0)

病院ボランティア

昨日は月1回お伺いしている病院ボランティアでした。

現在IFAアロマセラピスト3名とAEAJセラピスト1名の4名で
病棟にお伺いし入院患者さまのトリートメントをさせていただいております。
(主に下肢ですが、ご希望により上肢や肩なども行うこともあります。)

今は理解あるドクター&ナースさんのおかげで精油も自由に使わせていただいて
おりますし、植物オイル(オリーブオイル)は、病院から提供してもらっています。
それゆえ、病院の信頼を裏切らない活動をしなければいけませんね。

入院患者さまの肌に直接触れる活動です。失敗は許されません。
皆様は健康体ではなく、お一人お一人病状も違い、肌の状態、心の状態もそれぞれ違います。
重篤な患者さまのトリートメントもさせていただいております。
セラピストとして精油の深い知識、トリートメントの技術(解剖学も含めて)
これら基礎の上に、実際の活動があります。
     (偉そうですね~。でも、一応誇りを持って行っているので。。。)

そのうえで、患者さまの様子、状態を確認し、
そっと安心安全なトリートメントをさせていただいております。
何年経っても毎回が勉強です。

私たちの活動はとてもささやかな活動ですが、
植物のやさしい香りと温かいタッチで
皆様がほんの少しでも癒される時間を持ってもらい、
入院生活に安らぎを、更に、闘病の気持ちを持っていただくために、
患者さまに寄り添わせていただいております。

病院ボランティアの活動は11年、12年になるでしょうか。
これらの経験を若いセラピストさんにお話させてもらっています012.gif
いままでの沢山の奇跡。感激の涙です( ;∀;)

きちんと教育を受けたアロマセラピストが一人でも多くの患者さまを
アロマセラピーで癒して差し上げますように056.gif

そして、西洋医療の分野に心の癒しに有効な代替医療の一分野である
アロマセラピーが活躍できる日が来ますように、頑張ります!!


現在は、安全のためにセラピストの資格をお持ちの方にお願いしています。
興味のある方はどうぞご連絡くださいね。
セラピストとして、成長すること間違いなしです!!

f0116297_10163815.jpg




[PR]
by doucement2007 | 2016-03-30 09:47 | ボランティア | Comments(0)

長ネギでグラタン

伊達仮設のお母さんにいただいた長ネギでグラタンを作りました。

畑から堀立ての土付き長ネギ
とても太くて真っ白です。
長ネギにパワーがあるって表現おかしいですが、力強いんです(笑)

長ネギを5cmほどに切り軽く下ゆでして、ソーセージ・プチトマトと
一緒にホワイトソースで焼きました。
(ジャガイモも入れようとしたのですが、昨日は残念ながら切れていました)

長ネギが甘くそしてしっとり柔らかく、美味しくいただきました。

海外だとポロネギでしょうか。

美味しくいただいています(^^♪

[PR]
by doucement2007 | 2016-03-19 11:13 | ボランティア | Comments(0)

葉にんにく(^^♪

仮設の皆さんにいただいたにんにくは葉にんにくでした。

 はじめていただくので、どのように調理したらよいか悩みましたが、
 まずはお浸しに、そしてごま油でいためものをしてみました。

にんにくの香りもやさしく、葉は柔らかくおいしかったです。
新しい発見でした。

この畑堀立て野菜を下さったお母さんの話。
 「この時代に、ここに住んだ運命を受け入れるしかない!!」
  
       一言も返す言葉がありませんでした。
皆さんの覚悟が心に突き刺さりました。


f0116297_10141143.jpg

[PR]
by doucement2007 | 2016-03-17 10:21 | ボランティア | Comments(0)

ホワイトデーの14日、福島再生の会 医療・健康ケアチームの活動で
東伊達仮設住宅に行ってきました。
こちらは飯館村から福島第一原発により避難されている方がたが
住んでいます。

活動はもう1年以上になり、
皆さんおなじみになりました。

今回は新しいメンバーさんが参加してくださいました。
さらに、来月から社会人になる娘もお手伝いとして参加。
    見て、触れあって、感じて!! 

にぎやかで楽しい活動になりました(^^♪

皆さん足もみを楽しみに待っていてくれます。
来月もお邪魔しますね。

ささやかな活動だけれど、いつも皆さんに寄り添っていくよ^^

★いつもお土産をいただくのですが、
 今回は取り立て泥付き長ネギににんにく~。
  そして、おにぎりのお弁当も♡
 
皆さんの心が嬉しいです♡

f0116297_16430041.jpg
f0116297_16424817.jpg




[PR]
by doucement2007 | 2016-03-16 16:32 | ボランティア | Comments(0)

昨日は認定NPO福島再生の会の健康医療ケアチームの活動で、
http://www.fukushima-saisei.jp/aboutus/purpose/
伊達東仮設住宅で、フットケアトリートメントのボランティアを行ってきました。
こちらには、福島第一原発から避難されている飯館の皆さんが住んでいます。

ところで、福島再生の会とは、
「被災地域の現場において」 「被災者と協働し」 「継続的な活動を行うこと」
を活動の指針とし、東京電力福島第一原子力発電所の事故によって破壊された生活と
産業の再生を目的とした非営利団体です。(サイトより)

私が参加させていただいている健康医療ケアチームは被災地域における
住民の健康ケアを目的として、医師、看護婦、臨床心理士、社会福祉士をはじめ、
この活動に賛同したさまざま人たちが参加しています。
  私もその一人です。ささやかな活動ですが、真摯に皆で継続することで
  仮設の皆さまにも信頼されていると思います^^

何か活動したいと思っていても自分一人ではどのようにしたらいいのかな~
この活動に興味があるな~
内容を聞いてみたいな~
など、思われる方、どうぞご連絡ください♪
  こちらのコメントでも
  または、09070074736 北村まで
f0116297_16173091.jpg











[PR]
by doucement2007 | 2016-02-09 16:13 | ボランティア | Comments(0)

病院ボランティア


朝方は寒かたっですね。
でも、陽がさしだして来たらポカポカと暖かくなってきました058.gif

今日は、新年度初の病院ボランティアに行ってきました。
私にとって病院でのアロマトリートメントのボランティアは、
アロマセラピストとして初心を思い出させてくれる大切な活動です。


さまざまな病気を抱え、心も体も不安でいっぱいの方々に
そっと手を触れさせていただき、わずかな時間でもリラックスしていただく。

そんなわずかな時間でも、全身全霊をかけて(オーバーですね。。)
無心でトリートメント(肌にタッチ)させていただく。
そして、患者さまの笑顔が見れるとホッとする。

どんなに活動の場を与えられたとしても、先生といわれたとしても
わたしは一人のアロマセラピストであることを忘れてはいけない、
沢山の勉強をして、アロマセラピストとして夢をもって出発した気持ちを、
このことを、病院ボランティアはいつも思い出させてくれています。

世の中、変化のスピードがとても速く、それに追いついていかなければと、
四苦八苦していますが、原点をいつも心にとどめていきたいと思っています。

この時間は私にとって欠かせない活動なのです018.gif













[PR]
by doucement2007 | 2016-01-13 16:11 | ボランティア | Comments(0)

松川第一仮設での活動

明日は、福島松川第一仮設住での活動です。
いつもは伊達東仮設へ行っていますが、明日は初めて松川第一仮設へ行きます。

そこでふくしま再生の会の方に、
「齋藤さん、松川第一仮設訪問は初めてなので、自己紹介とアロマについてお話ししてください」といわれ、うろたえてしまいました。

何といっても、人前で話をするのが大の苦手!!!
さらに、緊張するのは、明日の再生の会のスタッフが医師、臨床心理士、看護師、社会福祉士、
ライターさん、ライターさんを除いて皆さん「士」がつく方ばかり。

以前、福島再生の会の方々が集まる場所があり、
「齋藤さんは、なにし?」 と聞かれ、「藤沢市です」
などと、おバカなことを言ってしまったことがあり。。。
再生の会のメンバーはその道のエキスパートばかりなのです002.gif

でもそんな会に、アロマセラピストの私を誘ってくださったのだし、
怖気ついていてはいけませんね。会の中での自分の果たすべき役割を考えなければ!

不安に思っていた私に、家族は、「お母さん、プロでしょ。自信をもって!」
そして何よりも、「お母さんは、仮設の皆さんのためにお話をするんでしょ!!」
といわれ、はっと気づきました。

そうなんです、私がお話しする相手はお医者様でもなく、仮設のみなさんなんですね!!

あすは、仮設の皆様が少しでも元気に、そして、仮設の暮らしが少しでも豊かにできる
お手伝いの方法をアロマを通じてお話してきます(^^♪

そして、後半トリートメントもしてきますね049.gif




[PR]
by doucement2007 | 2015-12-20 17:16 | ボランティア | Comments(0)

病院ボランティア

福島に引き続き昨日は病院ボランティア

下肢のむくみが強く、”体が重い、気分が悪い” とおっしゃる女性のトリートメント
女性はつらそうな顔をされていて体の動きもかなり鈍い
触れると足は指先までパンパンに浮腫み、さらに氷のように冷たい。

オイルはリンパの流れがよくなるように期待してサイプレスを1滴使用
トリートメントは足を包み込むように温めながらゆっくりエフルラージュで
指先から流す
女性の様子を見ながら丁寧に施術していると、
「なんて気持ちいいんでしょう」と、お顔が和らいでいく。
 さらに、パンパンに浮腫んだ足をやさしく温め包んでいく。

すると、施術効果が表れ、むくみがかなり改善されていく。
女性も浮腫んでいた足がすっきりし始めると、驚き、喜ばれ、
 「わぁ、軽くなってきたわ(^^♪」と笑顔の女性。

女性には、
 今日のトリートメントでむくみが改善しましたが、
 これはまた戻ってしまうと思います。と告げると、
「毎日来てくれないかしら」 ・・毎日して差し上げたいですが。。。。

月1回のボランティアなんです。ごめんなさい。

でもひと時でも、つらい病院の毎日に笑顔の時間が出来てくれてうれしい!!

そして、私は、女性の笑顔が見れてうれしい!!

ボランティア疲れが少々たまっていた自分のモチベーションがまた復活しました003.gif


 
[PR]
by doucement2007 | 2015-11-11 07:24 | ボランティア | Comments(0)