ラヴェンダー石鹸

我が家ではもう数年前から、フランスのメッセゲ氏(植物療法家)のラヴェンダー石鹸を
使用しています。
日本にはない、ラヴェンダー4%の石鹸です。最近はプロヴァンスという種類も出ました。

お風呂で使うと、ラヴェンダーの良い香りがお風呂中に漂い、泡立ちもよく、手放せません。
旅行に行く時も必ずもって行きます。

娘は体も顔もこの石鹸一つ。背中や顔のニキビも改善しています。
私の顔には4%のラヴェンダー石鹸はきついので体だけ使用しています。

ラヴェンダーの肌への作用としては殺菌、抗炎症、抗真菌、細胞成長促進作用 等
心理的には鎮静、リラックス作用があり、毎日のバスタイムには欠かせません。
[PR]
by doucement2007 | 2007-04-19 21:58 | アロマテラピー・ハーブ | Comments(0)

昨日発売の、ベネッセ「ひよこクラブ」にDOUCEMENTのサロンが掲載されました。
MY FAVORITE SHOPの欄の小~さなスペースです。

ささやかにメジャーデビューです。
可愛いY家のお子さん達が載っています。ごらんになってくださいね。

また、5月6月、キャンペーンをしますので,HPをご覧になってください。
新年度を向かえ、体やお肌の調子を崩された人も多いと思います。
この機会に、植物の香りと有効成分で心もお肌もリフレッシュしてください。
[PR]
by doucement2007 | 2007-04-16 10:46 | アロマテラピー・ハーブ | Comments(0)

生きのいい下田産のやりいかを手に入れたので、こんばんはイカ刺しと、旬のかつおの
お刺身、と思っていたのですが、主人が会合で夕食はいらないということになったので、急きょ、娘のマイブームであるイカ・シソ納豆(ひき割り)スパゲッティに変更。これが癖になる
美味しさなのです。このスパゲッティのお陰で納豆が苦手だった娘が、今はひき割り納豆
の愛好家です。

トゥーザハーブで食べて以来、お店の味に近づけるべく、家で数回作っていたのですが、
何か足りなく・・・・解りました=バターだったのです。

あと、今日は地物で安く手に入ったソラマメのスープ。お豆の香りと甘さが美味しいです。
スープを作る時は、素材の選択が一番ですね。素材が美味しければ、失敗なし!
プロの人ならいろいろ技があるのだろうけど、素人としては、素材の美味しさに頼ります。

いい素材が手に入ると、何を作ろうかわくわくしてお料理も楽しいものですね。
[PR]
by doucement2007 | 2007-04-10 19:32 | Comments(2)

選挙に行きましょう!

選挙前日、不思議なご縁で某選挙事務所の応援に行ってきました。
産まれてはじめて、候補者の街頭演説の隣に立ち、白いジャケットを着て、ウグイス嬢の
お姉さんと一緒に「○○候補よろしくお願いいたします」と、待ち行く人々に何度も何度も
頭を下げてきました。

一人の候補者の後ろには沢山の影の応援者がいるのですね。
今日は、ほんの一日でしたが、よ~く見えました。

明日は、心して選挙に行こうと思います。
私の1票が、とっても大切な意味を持っていることを、改めて思い知りました。

投票しなければ何も始まらないですね。
過去数回、行かないこともありました。でも、これからは、必ず私の1票を国政に
反映してもらうべく投票にいきま~す!!

候補者の皆さん、どうぞ初心忘れずに頑張ってくださいね。
今日は、選挙、候補者が身近に感じられた一日でした。
[PR]
by doucement2007 | 2007-04-07 22:34 | 普段のわたし | Comments(0)

幸せなひと時

昨日は、関内にある馬車道十番館で食事をしました。
娘も私もジーンズだったのですが、スッ~といつもより背中を伸ばして、文明開化の
香りのするレストランの扉を開けて入りました。

1階はカフェ,2階は「英国酒場」、そして3階がレストランです。
娘はいろいろな盛り合わせのオードブルと鴨肉の煮込み、私はホワイトアスパラガスの
冷製スープと文明開化のヒレステーキ、どれも新しいお味というよりは、素材がしっかり
していて、安心して楽しめるお味でした。

私たちにとっては、贅沢なお食事だったので、
昨日は「進級祝い」と名を打って、優雅なひと時を過ごしてきました。

あと、3年したら娘も成人します。そ~したら今度は二人で2階の英国酒場に行ってみたい
な!  その時まで、お母さんと遊んでくれるかしら?

帰りに、天保10年創業という「泉平」のお稲荷さんを買って帰りました。

昨日はレトロなミナト横浜を感じ、幸せな時間を過ごしました。
[PR]
by doucement2007 | 2007-04-02 21:57 | 普段のわたし | Comments(0)