病院ボランティア

今日のおひとりめは、明日手術予定の女性。
”元氣が無くて”とおっしゃる患者様にs.オレンジでトリートメント

最初、じっと施術をご覧になっていましたが、そのうち目を閉じてゆったりされ始めました。

”はい、おしまいです” と言うと、
”久しぶりに、元気になりました、丁寧に触っていただきありがとうございます。” 
と言って、目から涙がぽろっとこぼれました。

手術前の緊張を和らげて、
少しでも元気になって頂けたらとっても嬉しいです。
明日頑張ってくださいね。

以前も手術前の方にトリートメントしたことがありますが、
その時は、”明日頑張れる勇気をもらえたわ”との言葉を戴きました。

次のかたは、母と同じ高齢の女性。
最初、足が汚いから遠慮するわ、とおっしゃっていましたが、
”ホットタオルで拭きますし、全然気にしないでくださいね。”
”ちょっと試してみてくださいね。” とお話ししてそっと始めました。

すると、手が暖かくて気持ちがいいわ~。
生きていてこんなに気持ちがよかったのは初めて~。
ありがとう、ありがとう。
と何度もおれいの言葉を頂きました。

病院でのアロマボランティアは入院されている方が
少しでも元気になっていただくお手伝いをさせていただくこと。

そして、患者様の言葉は私の宝物。

患者様の肌から、悲しみやつらさや寂しさを感じながら
トリートメントさせていただいています。
[PR]
by doucement2007 | 2015-03-10 17:39 | ボランティア | Comments(0)