飯館村に入ってみて

30日、台風24号は首都圏にも大きな被害をもたらしましたね。
我が家のフェンスの一部も倒れてしまいました。

30日当日は飯館村での福島再生の会、健康医療チームの活動日、
今回は福島市内の仮設住宅より村に帰村されたみなさんに集まっていただくイベントで、
福島駅より車で1時間ほどの佐須という緑深くコスモスが咲き乱れている
村の公民館で行われました。

今回は村の人々に寄る民謡の催し物に加え、再生の会のイベントで楽しく一日を過ごしていただきました。
民謡、盛り上がりましたよ~(^_-)-☆



f0116297_14213668.jpg






f0116297_14214617.jpg


民謡のあと、再生の会が用意した温かい昼食を召し上がっていただきその後、
医師に寄る健康講和に引き続きトリートメント101.png

終了したのは、3時頃。
そこでやっと、首都圏鉄道が8時にはストップしてしまうことを知りました"(-""-)"

他の再生の会の皆さんは当日宿泊。
私はあわてて帰り支度を!!

頭の中で時間を計算しながら。。。
まず、飯館村から福島駅にバスで1時間 → 4時20分のバスに乗り福島駅へ。
福島駅に5時10分着  → 5時16分発の新幹線に飛び乗り(長ーいエスカレーターを駆け上がる)
東京駅着 7時前(ほっ) → 7時過ぎの東海道で無事8時前に藤沢着!!

移動中はタオルなど入ったキャリーを引っ張り、持ち上げながら 駆ける 駆ける!

こんなに緊張し手駆け巡ったのは久しぶり105.png
まだいける!(笑)

なんと8時頃計画通りに自宅に戻ってホットいたしました110.png
あまり被害に会うことがなかったので、甘く見ていました。。。。反省です。

ところで、飯館村の中を移動中車の窓から見えた景色です。
放射性廃棄物の入った黒いビニール袋(フレコンバック)の上に緑色のシーツがかかっているのが見えました。
お聞きすると、紫外線予防の為にかけているとのこと。
でもそれより大きな問題があることを知りました。
黒いビニール袋の耐用年数は3年~5年だそうです!

f0116297_14211478.jpg

皆さん帰村され穏やかな生活を取り戻そうとしているのに、
身近にある放射性廃棄物のビニール袋の耐久性がなくなっているなんて140.png

どうするんだろう~、いつになったら安心して生活してもらえるのかな~!!

久しぶりに村内に入って感じ、また、入らなければわからないことでした。







 








[PR]
by doucement2007 | 2018-10-02 15:13 | ボランティア | Comments(0)