お母さん化石?

先日、友人達とカラオケボックスに行きました。私にとって、初カラオケボックスでした。
昔、若かりしころ、スナックなどで一曲○円というカラオケはしたことがあったのですが、
結婚以来、とんと世の中で流行っているものとはご無沙汰でして・・・・。

友人には、「沢山の犠牲を払ってきたのね。」  ん~!そうとも言えるかも。
娘には、「お母さん化石!」 貴女を一生懸命育てて、行く暇が無かったのに・・・何という
言葉!!

これからは娘も大きくなったし、夜の部もエンジョイしちゃおうかな!
でも、この年になって、のめりこむと醜いから
    「ご用心、ご用心」
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-22 16:54 | 普段のわたし | Comments(2)

お風呂でバクスイ

今日はホントーに忙しい一日でした。
朝、海外出張中の主人から「昨日ミラノでパスポートを紛失したので、ミラノの領事館に戸籍抄本を送ってほしい」との電話、サー大変、でも流石エスパー家族、今日は調度娘とパスポートの更新に行くので、その前に戸籍抄本をとりにいく予定・・・・・。

でも、何故か教えてもらった番号でなかなかFAXが送れず、四苦八苦。海外で心細い思いをしているだろう、早く送ってあげようと思い、思い切って外務省に電話をしました。やっとFAXできてほっとしているところに、メールが・・・・。何度も電話したり、メールしたのにやっと通じたと思ったら「パスポートありました。」 良かったけれど、この一日の苦労は何なの!!!!

今日の苦労が報われるとしたら、外務省に初めて電話をしたこと。そして、外務省の方が、思いの他、親切だったこと。パスポートセンターの女性の冷たい態度を受けていたので、とても好印象を持ちました。困った時は、外務省ね!

複雑な疲労感を感じながら、夕方からは、娘が作るスウィートポテトのお手伝い。といっても
お手伝いは娘の方ですが・・・。

というわけで、今日はとても疲れていたので、お風呂の中でバクスイしてしまいました。
でも、何事も無くてよかった。
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-19 22:27 | 普段のわたし | Comments(0)

巣立ち

昨日娘は、お友達と原宿に遊びに行きました。初めての友人との東京へのお出かけです。
本やアニメが好きで、家に居るのが好きな娘だったのですが、もうお年頃になっていたのですね。いつも、服装も親任せだったのに、数日前から、洋服から靴まで一人で楽しそうに決めていました。普段、年齢より幼く見える娘が、朝早くから娘なりにおしゃれをして、それなりにお姉さんになっていました。

「行ってらっしゃい」と、いつものように声をかけながら、おしゃれをした娘をみて、おおきくなったな~、と思う反面なんだか心が淋しくキュンとなってしまいました。不思議な想いです。

こうやって、子供は親元から自分の新しい世界に飛び立ってゆくんだな~。
子供達には,未知の世界が待っているんですよね。
昨日の私は、鳥の巣症候群でした。お姉さんになってゆく姿は嬉しくて、楽しみだったのに・・・。

なんだか急に離れてしまったような気がしました。これからは、もっともっと自立して
ゆきますよね・・・・・しっかりして!私には、アロマセラピストとしての仕事があるではないの!!
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-16 22:57 | 普段のわたし | Comments(2)

春のお手入れ

冬の間、抹消への血流不足によって酸素・栄養がお肌に十分行き渡らず、お肌のターンオーバー(お肌の生き返り)が鈍くなります。また、寒さで皮脂もでにくくなっていて、老化角質がお肌に残り、乾燥したがさがさのお肌になってしまいます。冬はお肌の老化が一番起こりやすい時期です。なので、冬の間、たっぷりの保湿、内外からの栄養が大切なんですよね!!

お肌には皮脂と汗と混ざり合った弱酸性の天然のお肌を守る皮脂膜(NMF)というものがあり
ます。3月になり、皮脂が出はじめたものの、まだ汗をかくまでの暖かさではないですね。
この時期、花粉が飛んでいるように空気中は埃やごみが沢山飛んでいます。
お肌は、まだ皮脂と汗のバランスが悪く、殺菌作用のNMFが十分ではなく、春はお肌の
トラブルの多い季節です。

冬の老化角質のたまった乾燥した肌に、にきびや吹き出物が出てきちゃいます。
老化角質を取り、浄化してふっくらとした柔らかいお肌を取り戻しましょう!
ハーブゴマージュ、ハーブの菩提樹のパックはお勧めです。(宣伝のようですが・・・・・
ハーブはとても効果的なのです。)
                
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-15 22:42 | お肌のこと | Comments(0)

お墓参り

母と娘と3人で、父のお墓参りに行ってきました。お墓は父の故郷、茨城県の石岡市に
あります。上野から、特急に乗って1時間、駅からレンタカーを走らせ45分ほどの小旅行
でした。

今日は、お天気に恵まれ霞ヶ浦に沿い車を走らせました。「年をとったな~」と母の姿を少し
さびしく思うものの、江戸っ子の口の達者な母にいつも優しく出来ないでいる自分に、親不孝
な娘だ!と、別れてからいつも思います。  反省!!!

親はいつまでも、元気でいるものだ!と、勝手に思っているものの・・・・違うんですよね。
次は優しく、次は優しく、と思うもののなかなかできません。
でも、心ではいつも感謝しているし、とても大切に思っているんですよ・・・・お母さん!
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-10 22:05 | 普段のわたし | Comments(0)

美味しい作州牛

webで検索した(有)五月 山本精肉店さんからシャトーブリアン(ヒレ肉)と牛刺しを注文しました。 藤沢にも沢山の美味しいお肉屋さんはありますが、またまたヒットのお肉でした。
お値段もこちらでは手に入らない程の、お手ごろ価格です。

お肉と一緒に牛さんの血統書のコピーも同封されていました。はじめて見る牛さんの
血統書です。お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんのお名前、そしてこの牛さんのお名前と鼻紋・・・・・ちょっとびっくりしましたが、お肉に自信を持っているからこそ、
送ってくださったのだから、ありがたく家族皆で美味しくいただきました。

是非、又注文したいと思います。おススメです!
[PR]
# by doucement2007 | 2007-03-05 21:50 | Comments(2)

ROSE

今年のアロマテラピー環境協会の集いのテーマは”ROSE” バラ でした。

ROSEの歴史は、宗教ー権力、悲しみー喜び、純潔ー色香というように
ROSEは文化、環境、用いる人々によって、多面的に用いられてきました。
それだけ、特別な花だったのでしょうね。

ROSEの豊かな,高貴な芳香は私たちの特別な感情を引き出してくれます。
この感情は、人それぞれ違っているものですが、私達女性、特に大人の女性
にとり、、この香りは、失いかけている自身を取り戻してくれる、魔法の香りです。

バラの香りを嗅ぐと、自然と深呼吸をしてしまい、背筋もすっと伸び、前を向き、なんとも
いえない幸せな気分にしてくれます。

自分の周りの人々が、キラキラ輝いて見え、自分がひとり老いてゆく孤独感を感じたとき
ROSEの香りは、女性として、人間として前を向く力を与えてくれます!

私にとってのROSEの一滴は、素敵な大人の女性になるための特別な香りです。
[PR]
# by doucement2007 | 2007-02-27 17:12 | アロマテラピー・ハーブ | Comments(3)

新生児

広尾の日赤医療センターで、妊産婦さんへのマッサージのボランティアに行って来ました。

お部屋に入ると、2月14日バレンタインデーに帝王切開で産まれた小さな赤ちゃんが
お母さんのお腹の上に乗っかっていて、まるでお腹の中にいるように、ま~るくなって

お母さんのお腹の上で、すやすやと寝ていました。

お母さんの鼓動を感じ、においを感じ、肌の暖かさを感じ、とても安心している様子に、
お母さんと赤ちゃんの、大きな絆を感じました。

ベッドに寝かせると,泣いてしまうのでお腹の上においているそうです。
帝王切開で、急に外の世界に出てきた赤ちゃんにとって、お母さんの肌が一番

安らぐのでしょうね。お腹に赤ちゃんを乗せたまま、ハンドマッサージをしたのは、始めて
でしたが、マッサージ中もぐっすりネンネしていて、もーとっても可愛かったです。
[PR]
# by doucement2007 | 2007-02-23 22:00 | アロマテラピー・ハーブ | Comments(2)

おめでとう!

ASUKAちゃんの第2子が誕生しました。
予定日をすこし過ぎましたが、3150gの元気な男の子だそうです。

赤ちゃんがお腹の中にいるとき、トリートメントさせていただいたので、
あの子が誕生したんだな~と思うと、喜びも大きいです。

お母さんは、子供一人一人、お産の物語がありますね。
     娘の時を思い出しました。
   あの愛おしい天使は今どこに・・・・・・。

 何はともあれ、天使が舞い降りた、ご家族に幸あれ!!!!
[PR]
# by doucement2007 | 2007-02-17 22:46 | 普段のわたし | Comments(0)

休日のランチ

藤沢のライフタウンの手前にある、「マカロニ市場」でランチを取りました。
お兄さんお姉さんが、ピザ生地を上手にぐるぐると回すパフォーマンスも見ながら
、釜の中で焼けるピザを待ちます。

リゾットは、すこし時間はかかるものの、30センチはある、
巨大なパルミジャーノ・レッジャーノの半分に切ったチーズの中に、出来たての
リゾットをいれ、チーズをからませ、客席でお兄さんが、すこし誇らしげに、
サービスしてくれます。

我が家は、2度目だったので、あまり喜んであげれなくて、お兄さんごめんなさいね。

でも、とても美味しかったです!

犬と、一緒にお食事できるスペースもあるので、次回さくらを連れて行こうかな
・・・カワイソウだけれど、マリンは興奮してしまうからまた、お留守番かな・・・・。
  ごめんね、マリンちゃん。
[PR]
# by doucement2007 | 2007-02-12 23:23 | Comments(0)

アロマセラピーのこと、ハーブのこと、そして家族のことなど、日々の出来事をつぶやいてゆきます。


by doucement
プロフィールを見る
画像一覧